2014.7/1(火曜日)モーニングセミナー感想

≪会員スピーチ≫

大同生命保険(株) 赤松正美 氏

犬床屋 代表 新居直子 氏

 

[赤松正美会員の話]徳島生まれ、4人兄弟の長女で母から「お姉ちゃんなんだからときちんとしなさい」と何かにつけ怒られた幼少期、そして千葉に転校した学生時代を過ごす。カレーハウスココイチに就職したが、気が強いためオーナーとけんかになり退職。その時お付き合いをしていた彼に「結婚する気ないなら実家(千葉)に帰るけどどうする?」と半分おどしで結婚したと話をし、笑いをとる。大同生命に就職し、多くの人に出会える楽しさ、そして上司に対しても自分の発する言葉に責任をもつことを話しされました。保険の仕事をしている私にも、多くの人と出会える楽しさを再認識させられる話でした。
[新居直子会員の話]自身の冷え性の話をし、手のマッサージを実演し、足つぼマッサージについて説明される。手指は上下にゆらし、足指はグルグルまわす。胃のツボ、食べすぎのツボなど話されました。また東かがわの町全体が元気になるような熱い話もされました。

≪感想:松浦清貴≫

 

【赤松正美 会員】毎週笑顔で迎えてくれてありがとうございます。火曜日は朝から東かがわのお客様のところを回っています。徳島県吉野町生まれました。四人兄弟の長女、朝から晩までおばあちゃんと過ごしていました。母からは兄弟の中で一番怒られていました。大人になって、なぜ私だけきつかったのか母に聞くと、おばあちゃんにだけ懐いていたからだと聞かされた。高校はバトミントン部、勉強はせずに寝るか、お弁当を食べるかしていた。自分でバイトしながら、奨学金で大学に通っていた。勉強についていけなく、バイト先のカレー店に就職。その後結婚、ゲームショップの店員から店長。その後、派遣社員。再びゲームショップの店長。そして今は大同生命の仕事につながった。ご自身の学生時代からこれまでの、体験を語っていただきました。
【新居直子 会員】以前の田中講師の話で、足の裏を揉みなさいというお話がありました。私はすごく冷え症で、「足心道」ということについて、お話しいたします。月に一回加古川市のところへ通っています。足の裏のツボの絵を説明されて、人体の光を整え、手と脳にも関係している。体全体で揉む。(体のツボの説明図を配布して、シールも配る) 臓器の働きを刺激する。もみほぐすことから始める。肩こりも楽になります。心を込めてすると、気が変わります。足の関節を60回回す。(実際に指で手本を示しながら)湧泉・足心・失眠=三点圧の説明。東かがわ市の活性化についていろんな提案をしたい。外から人が来る、地域の活性化について、今月セミナーをしますので、その説明もされました。

≪感想:赤山芳隆≫

 

[松井 会長]12条、捨我得全の説明の他に会社が発展する能力、①経営能力、財務能力、経営戦略、②使命感、③人間性について話されました。また、躾は「つ」の付く歳(1つ~9つ)までに行うのが大切と話されました。
[赤松 正美 会員]いつも笑顔の赤松さんが、実は頑固で気が強いと聞き、非常に驚きました。何度か転職された仕事上でも大変な経験をされていますが、仕事が好きで何事にも一生懸命取り組む姿勢が強く伝わってきました。最後に自分を貫くから上司とぶつかるが、自分の言葉に責任を持って頑張ります…とくくられました。ただ、ご主人とぶつかった時は旦那サイドの希望として是非歩み寄りの姿勢を見せていただきたいと、切に願います。
[新居 直子 様]足心道の事を話されました。治療の事を手当てというように手から気が出ており、手を当てて直す。また、心を込めて行うと気が高まり効果が高まると教えていただきました。また、マッサージ等に関して手は右手から行い足は左足から行うなど、早速試してみたいと思います。

≪感想:遠藤正樹≫

 

[赤松正美さんの会員スピーチ]徳島県出身でおばあちゃん子だった幼少時代。部活とアルバイトに明け暮れた大学時代。負けず嫌いの性格でやってきた仕事の話等々。自分の考えがすべて正しいとは思わないが、自分を信じてやって行きたいと締めくくられました。
[新居直子さんの会員スピーチ]赤松さんと同じく徳島県出身で10年前より福栄でペットの美容室、ホテル犬床屋を経営。去年より三本松で新店をオープン。今朝は仕事とは関係ないが・・・すべてのツボが足の裏に集まっている等々。自身がやっている足つぼの話を教えてもらいました。

≪感想:筒井達也≫

 


概要 | プライバシーポリシー | Cookie Policy | サイトマップ
香川県東かがわ市倫理法人会は 毎週火曜日、三本松ロイヤルホテルでモーニングセミナーを開催しています