2015.5/12(火曜日)モーニングセミナー感想

テーマ「さぬきっ子の体力について」

講師:石田佳二


[橋本会員の話]「坂の上の雲」の本について話をされる。私も前から気になっていた作品で読んでみようと思いました。
[石田佳二様の話]小学校5.6年の担任の先生だった石田先生の講話で27年ぶりに石田先生の授業を受けた感じでした。幼児の時は平衡性、協応性、小中学で全身筋力、スピード、持久力を鍛える大切さを話しされ、朝食をとる、睡眠をとる、姿勢の大切さを話しされました。3人子供のいる私に勉強になる話でした。

≪感想:松浦清貴≫


【橋本 幸司 幹事】最近読んでいる本「坂の上の雲」司馬遼太郎の著書。高校の時に読んで何度目かの読書です。お風呂に入って読んでいます。今読んでいるところは、善通寺の師団長をされた乃木将軍と児玉将軍は陸軍軍人として同じ道を歩んできた無二の盟友だったという話などを話されました。
【石田佳二 様】小学生の講師をしていて、最初に赴任したのが三本松小学校。その時の教え子が松浦さん達です。体力とは「広辞苑」の用語の説明文を解説されながら体力について話し始められました。香川県の教育委員会での体力調査などをした経験から、香川県の児童たちが全国平均の中でどのような特徴があるのかグラフを交えてご説明されました。握力は低い。運動する児童としない児童の二極化。私たちが小学生の頃は2万7千歩ぐらい歩いていたという。今はその半分以下の児童が多いという。極端に運動音痴でマット運動で後転回が出来ない子供がいる。その他、生後3歳から6歳までの運動が大切だというお話もされ、スライドを使って判りやすく、児童から高齢者まで共に聴講されたらよかったと思える話の数々でした。

≪感想:赤山芳隆≫


(赤山 会長)福山雅治の『魂のリクエスト』で聞いた中島みゆき作詞作曲の化粧という曲を気に入られて200回以上聞かれたそうです。
女性は化粧する事によって気持ち(気合)が入り、倫理法人会入会後、スーツを着られるようになった赤山会長はネクタイを締めると気持ち(気合)が入るそうです。
(橋本 幸司 会員)高校時代に読んでいた司馬遼太郎の『坂の上の雲』をもう一度読んでいるそうです。
ちょうど二百三高地を陥落させないといけない…という場面にさしかかっていて、乃木希典、児玉源太郎の関係を話されました。
(石田 佳二 様)元小学校の先生で、松浦さんは教え子になるそうです。
近年、香川県の小学生の体力はどんどん低下しており、全国平均を下回っています。運動をする子としない子の二極化も進んでおり、深刻な状況であると話されました。
体力低下の原因はいろいろありますが、よい姿勢を身に付ける事、家庭における子供の生活習慣の改善が大切だそうです。私自身も心掛けていきたいと思います。

≪感想:遠藤正樹≫



概要 | プライバシーポリシー | Cookie Policy | サイトマップ
香川県東かがわ市倫理法人会は 毎週火曜日、三本松ロイヤルホテルでモーニングセミナーを開催しています