2015.10/6(火曜日)モーニングセミナー感想

テーマ「東かがわ市政を語る」

講師:東かがわ市長 藤井秀城

 

[赤山会長の話]香川銀行が三本松小学校から南新町まで400メートル毎日掃除をしている。地域活性のために、行政も見習うべき会社である。私も見習いたいと思いました。
[藤井市長の話]マイナンバー、空き家問題、ロイヤルホテルほ引き継ぎの話や経済を良くする話から耐震対策として市役所の建て替え工事、コミュニティの建設の話をされる。ただ私は市役所庁舎やコミュニティがあれほど立派な建物が必要だったのか疑問に思う。もっと他に税金を使えるところがあったと思うし、建設業者も東かがわでない業者がおおく入っていて地域の経済を良くするのにつながったのか疑問である。このままでは東かがわ市はなくなってしまうと思う。東かがわを愛するからこそ、もっとスピーディーに極端に変わったことをしないと本当になくなってしまうと思いました。

≪感想:松浦清貴≫

 

[会長挨拶]町の活性化について、自分たちが何をするか。自分たちができる町の活性化。富山市のコンパクトシティの説明。地方だからこそ出来る事を考えて行動したいと思いました。
[藤井市長の講話]たくさんの市政についてお話いただきましたが、心に残ったことは*今使用されていない雇用促進住宅を国から買い取り、ジェイテクとの社員に利用・活用してもらう。*フェンシングの大田選手のご両親のお話の中で、お母さんがとても静かな方ですが静かな存在感!お父 さんは違ったタイプで二人の間で育ったことも良かった。*東かがわ市の経済状態。就任当初は財政を良くすることが目標であった。3期目の今は健全化していっているとの事。*5年後10年後を見据えて決断をしている。東かがわ市は良くなっていっていると感じる、ご講話でした。

≪感想:田中 緑≫

 

【藤井 秀城 市長】ノーベル賞受賞の事、TPP合意の事、国の勢いや技術力は誇れるものがある、東芝の不正経理、VW社の失態、あのクラスの企業がするのであれば、社会的な制裁を受け、二度と起こさない事が望まれる、直近の話題について所見を述べる。東かがわ市内の話題、マイナンバー制度の導入は11月9日からスタートして徐々に広めていく。強制には時間がかかる。雇用促進住宅の活用、JTEKTの社員さんの住宅が足りないので、この度合意も直近。三本松ロイヤルホテルの件についても、閉鎖することなく、(株)創裕が引き続いて進めるように大詰めのとろに来ている。フェンシングの太田雄貴さんの実技指導の話題。お母さんが地元東かがわ市の出身だった。東京オリンピックの誘致の事等詳細なお話。東かがわ市では部長・課長など女性管理職の登用を心がけている。学校など公共建築物の耐震化等放置することは出来ない。施設の統合・集中している。都会の様には出来ないが田舎の良い処を伸ばす。イノシシ・サルが異常繁殖している問題。一年間で100kmの保護策を張り巡らせた。中学生の職場体験も地元での仕事を理解し、将来就職に向けて取り組んでいる。その他多岐にわたる市政の話題について幅広く講話していただきました。

≪感想:赤山芳隆≫

 


概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
香川県東かがわ市倫理法人会は 毎週火曜日、三本松ロイヤルホテルでモーニングセミナーを開催しています