2015.10/13(火曜日)モーニングセミナー感想

テーマ「幸運を呼ぶ笑いヨガ」

講師:癒しの風 代表 矢野久代

 

[矢野久代様の講話] 笑いとは副作用のない薬、最高の美容法、簡単な若返り、自分を変えるツールと説明されました。
骨格は変えられないので、笑うことにより、顔の筋肉を柔らかくし、顔のたるみを抑えられるとのこと。
これを帰宅して、奥方に伝えると私の顔がたるんでいるってこと!と一悶着ありましたが、笑いヨガの実践で鍛えた笑いで吹き飛ばしました。本日の笑いヨガの実践を活かして、日々の業務に前向きに取り組めるように頑張りたいです。

≪感想:兵江明展≫

 

[会長挨拶 赤山会長]十七箇条の夫婦対鏡の例として、先日の連休中のエピソードをお話されました。奥様の少し不機嫌な様子を察して、奥様がしてほしいと思っていること(田んぼの草取り)を手伝った結果、奥様の機嫌は良くなり、やさしくしてくれて、お互い幸せに休日を過ごせたとの事でした。相手が不機嫌だと、こちらも不機嫌になるし、相手の機嫌が良いと、こちらも機嫌良くなる。些細なきっかけで、不機嫌になるか、機嫌良く過ごせるか左右される。不機嫌な相手にどう対応するかで、自分の幸せも決まるのだと、感じました。(自分の不機嫌を相手にぶつけてはならないと思いました。)
[講話 矢野久代様]いつも怒ってばかり、嫌な事があると怒る、怒りの感情は人間の脳の構造上、どうしても起こる感情、押さえられないもの。怒っていては気持がくたびれる。ストレスとは、気持がくたびれた状態。(腹を立てて、ずう~と怒っている状態。)病気の原因はストレス。人間は出したものが、自分に返ってくる。(これに気づいていない。)(いつも怒っている人には、怒り、笑顔には、笑顔)幸福には形が無い、心が感じるもの。幸福になる方法は笑う事。おかしくなくても、無理やり笑う事で脳がリラックスする。幸せな気持ちになれる、運命が変わってくる。私は幸せだと思う。「ホッ・ホッ・ハ・ハ・ハ・イェーイ」「ヤッター・ヤッター・イェーイ」今後、実践していこうと思います。ありがとうございました。

≪感想:桑島 功≫

 

【矢野 久代 様】職業は鍼灸師をしています。お客様は若い人が多く、心が関係していると思っていました。暗い人が多い。個人的にも父母のことで困っていました。その時に笑いのヨガに出会いました。体感して知りました。幸福ってなんですか?形が無い。「息・食・動・想・笑」人は感情の動物です。脳の海馬・扁桃体・大脳・下垂体(ホルモンコンロトロール)の役割の説明。出したものが返ってくる。「笑い」と「ありがとう」の実験。口角を上げて顔を笑顔にすれば脳がリラックスする。①幸福になる方法。②笑いは副作用の無い薬。③笑いは最高の美容法。④笑いは簡単な若返り法。⑤笑いは自分を変えるツール。ありがとうを発していると、ありがとうが発生する。高校生の頃母親がうつ病だった。親子関係は良くなかった。笑いの体操をしながら、風邪をひかない、血行が良くなる。実際に机を横に寄せて、全員で笑いの体操の実技指導を受ける・・・
手を打ちながらリズムよく「パンパン・パパパン」「パンパン・パパパン」としながら体が熱くなるほど、笑顔の実技を指導していただいた。耳にそのリズムだけが残っている。

≪感想:赤山芳隆≫

 


概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
香川県東かがわ市倫理法人会は 毎週火曜日、三本松ロイヤルホテルでモーニングセミナーを開催しています